メリットとデメリットについて

刑事事件や民事事件が起こり、裁判や調停になったり示談交渉をする場合に弁護士に依頼することになります。
刑事事件は、犯罪を起し警察に逮捕された場合に、刑事裁判になると国選弁護人か私選弁護人を選ぶことになります。
刑事事件に関しては刑事訴訟法で弁護人をつけるように法律で決められており、国選弁護人は国費で弁護人を依頼することができるメリットがあるのですが、刑事事件に強い弁護士が選任されるかはわからないデメリットがあります。
私選弁護人は、弁護人を自費で雇うことになるので、高額な費用が発生するのですが、刑事事件に精通している弁護人を依頼することができるメリットがあります。
裁判に勝ちたい場合には、私選弁護人を選ぶことになります。
民事事件の場合は、近年弁護士などが多く取り扱っている債務整理などがあります。
消費者金融や銀行などからローン契約を結び、滞納を繰り返し返済できなくなった場合に、弁護士に債務整理してもらうことができます。
高額な借金がある場合などは、弁護士が消費者金融や銀行などに示談交渉を行い、借金を減額してくれたり、裁判所に申し立てを行ってくれます。
弁護士に依頼することで、借金が減額できるメリットがあるのですが、着手金や成功報酬などを支払うデメリットがあります。

コメント

コメントを受け付けておりません。