資料と状況説明の使い方

申し立てを行う場合に戸籍謄本などが必要になる場合がありますが、基本的には状況説明をするための詳しいデータと裁判所などが必要とする戸籍謄本などの資料が必要となります。住民票などの提出に関しては住民基本台帳ネットワークシステムの運用を開始している自治体の場合には必要と市内場合もありますが、法的な手続きをする場合には住民票と戸籍謄本または戸籍抄本などの資料や書類が必要となります。
今後はマイナンバー制度などの導入が予想されているので、申し立てをする場合にたくさんの資料や書類を提出する機会が減る可能性がありますが、現行の制度の中では家庭裁判所などに何らかの申し立てをする場合には、印鑑証明や戸籍に関する書類は必須のものとなっています。
また住民登録をしていない単身赴任先や就学先などの都道府県で申し立てを行う場合には、申請方法が異なる場合があるので、注意が必要で、例えばパスポートなどの申請では本来は必要とされていない住民票の写しの提出が義務付けられています。
また氏名や本籍が変更された場合には新しい申し立てをしなければならない場合もあり、パスポートなどの場合では、新しいものを作り直すことになるので、注意が必要です。

コメント

コメントを受け付けておりません。