調停委員とその役割について

調停委員は、裁判所での調停において、裁判官または調停官とともに、当事者同士の話し合いのあっせんをして解決を図る役割があります。双方の言い分や気持ちを十分聞いて調停を進めて、実情にあった解決策をともに考えます。
調停委員は、豊富な知識経験や専門的知識を持つ人の中から選ばれます。原則として40歳以上70歳未満で、弁護士、医師、大学教授、公認会計士、不動産鑑定士、建築士などの専門家、地域社会で幅広く活動してきた人など各分野から選ばれています。
通常は、地元の公的団体で調停委員になる人の枠があり、各地の裁判所と取り決めがされています。各裁判所では、それぞれの団体から推薦された人を最高裁判所に推薦し、最高裁判所は推薦通りに任命するケースがほとんどです。
調停には、地方裁判所・簡易裁判所で行う民事調停と、家庭裁判所で行う家事調停があり、調停委員も分かれています。基本的な役割は同じですが、民事調停では事件内容に応じた専門的な知識を持つ人、家事調停では家族間の問題なので男女一人ずつを指定するなどの配慮がされています。
調停委員は、非常勤の裁判所職員で、民事・家事とそれぞれ現在約12000人の人が任命されています。

コメント

コメントを受け付けておりません。